環境・資源への取り組み
JF岡山漁連が行っている
環境・資源・海難防止への様々な取り組みの紹介。

漁場クリーンアップ作戦


7月の「海の日」を前後して県内の各漁協では、青壮年部・女性部を中心に漁場・海岸清掃を毎年実施しています。

海は多面的位置づけをもったものではありますが、漁業者にとっては大切な生産の場、生活の場であることから、漁業者自らが率先してきれいにしていこうと積極的に取り組んでいます。

集めたゴミの中で多いのがペットボトル、空き缶、ポリ袋などです。
   
○ クリーンアップ作戦
お 願 い
ポリ袋等を魚が飲み込むと窒息して死んでしまうので、ゴミを海や川に捨てないで下さい




環境創造活動への参画


共生の理念のもとに、農林水産関係者はもとより、住民・企業・行政を含む多くの地域住民が一体となって行う農山漁村地域の環境を創造する活動に参画しています。

平成16年度からは、青壮年部、女性部、漁業士会が一堂につどい「森と海をつなぐ植樹のつどい」を開催しています。

また、植樹をした場所の下草狩りも行うなど、その後の手入れも行っています。
○ 森と海をつなぐ植樹のつどい
昭和50年頃から、環境にやさしい洗剤(天然石けん製品)やクリーンネットの使用を推進し、生活雑排水による海の汚染防止に努めています。

○ 天然石けん使用推進(昭和50年代写真)




資源管理型漁業の推進


平成3年から資源管理型漁業総合対策事業推進のため、地区ごとに漁業者協議会を開催して底曳網の目合い制限、サワラ流し網、マナガツオ流し網の目合い制限、マダコの再放流、当歳ガザミの解禁日取り決め等に取り組んでいます。
○ 子供達によるヒラメ稚魚放流
平成26年度資源管理の取組みはコチラ




漁業操業安全対策
ライフジャケットの着用率向上のため、「妻や母、娘の立場からの訴えかけが一番!」ということから岡山県女性連は岡山県水難救済会より、ライフジャケット着用推進員『おかやまライフガードレディース』の委嘱を受けています。

『おかやまライフガードレディース』は、日々ライフジャケット着用の普及・啓発活動に取り組んでいます!!
○ ライフジャケット着用推進活動


 
copyright (c) 2010  OKAYAMA GYOREN All rights reserved.